So-net無料ブログ作成

ツインズ、可愛すぎ! [雑文]

@此処1箇月あまり、駅伝やマラソンの選手に興味を持っている。1月のエントリーで、とあるツインズ(双子)について書いたが、今回はその続編ということで。


@最近、東洋大学関係をぐぐりまくっている。その中で、双子兄弟関係の画像やら記事やらがないか探してみたりしている。で、見つけると、↓

@いやぁ~~可愛いわぁ~~[揺れるハート]

@…と、年甲斐もなく、じっくり見たりしている。(汗)


@埼玉県の寄居町出身で、男衾中学⇒武蔵越生高校を経て、2010年、東洋大学経済学部に入学した俊足ランナー・設楽啓太・悠太のツインズ。端正なマスクの兄、兄に似ているが愛嬌がある弟、スマイルの時に覗く八重歯まで互いに似ている。平素のしぐさもどこかゆったりとしていて、愛らしい。

@性格は基本的には2人とも、マイペースということだ。弟のほうが若干ボーっとしている印象。

@2010年の出雲駅伝、全日本大学駅伝、そして2011年の箱根で、双子で襷リレーを見せ、鮮烈な印象を残したと聞く。

@その双子が、今季の箱根で驚異的な頑張りを見せたのは、記憶にまだ新しいところ。

@兄は往路2区区間2位、弟は復路7区で区間新、しかも更新不可能といわれた佐藤悠基(東海大⇒日清食品グループ)の記録を3秒上回ったのだ。

@この箱根での活躍により、兄弟はエース格から、真のエースへと脱皮を遂げた。彼らはいわば“羊の皮をかぶった狼”…否、“ロバの皮をかぶった獅子”だったのに相違ない。

@実は2011年当時、早稲田の18年ぶり箱根駅伝総合優勝&学生駅伝3冠達成に気をとられ、この設楽ツインズは、我が意識の眼に入らなかった。つまり関心が、向かなかったのである。早稲田の勝利と山の王者に関心の目が向いていた。

@いな、山の王者は別として、早稲田にたった21秒差で2位に甘んじた東洋大学そのものに眼があまり向かなかったのだ。

@兄弟のほうへ関心が漸く向いたのは、今季の箱根が終わって暫くしてからだった。東洋大学陸上部応援サイトにUpされている、彼ら鉄紺色を纏った駅伝戦士たちの勇姿を見ているうちに、兄弟の愛らしさと凛々しさ、戦う姿勢にひきつけられた。

@設楽兄弟は共に、170㎝に満たない身長と、50kgを切る体重で、鉄紺戦士たちの中では最軽量の部類に入る。色も白くて、幼い面影が2人のマスクに色濃く残っている。それでもって、弟の悠太はハーフマラソンの記録保持者でもあり、兄の啓太も10000mでよい記録を叩き出している。どちらも優れたランナーであることは論を待つまい。

@長距離を走るランナーは、一見、ひ弱に見える。設楽ツインズも御多分に漏れず、とても細身で、弱そうに見える。が、こういうランナーが実は長距離のそれに結構、多いらしい。

@駅伝のランナーは、与えられた区間を走りきると、バタンと倒れるパターンが多いのに対し、設楽ツインズの場合は、決して倒れることなく、トテモ涼しげな表情でいたりしている。特に悠太は初めから終わりまで表情を変えずに走りとおすのだ。兄貴の啓太も、終盤にかけてやや苦しい表情になったりするものの、クールな顔で何10mも走りとおす。これは長距離ランナーとしては非常に優れた資質なのではなかろうか。

@東洋大学は箱根は2009、2010年でV2があったものの、2011年で上記のように早稲田に21秒差で敗れた。その悔しさを胸にとどめた選手が、みんなして苦しい練習に必死に取り組んだ結果、出雲駅伝で初優勝を果たす。その次の全日本大学駅伝では駒大に敗れて2位に沈むが、この敗戦を無駄にせず、今年の箱根につなげ、周知のように見事な勝利を挙げたのであった。

@そしてその闘いの中に、設楽ツインズが常時いたのである。何せ彼らは、1年の頃から3大学生駅伝にフル出場しているのである。監督やコーチの信頼も厚い。兄弟のもつ優れた身体能力を買われたからに他なるまい。恐らく今季の駅伝シーズンも、このツインズの活躍が見れるかもしれない。

@しかしまぁ、それにしても、この美少年ツインズ、何時見ても可愛いなぁ~~~(^0^)ほんっとに、可愛すぎ!!!←って、えらいミーハーなシメになってしもた・・・嗚呼何て年甲斐もない・・・(汗)
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。