So-net無料ブログ作成

現実と仮想を行き来する。 [独白]

@最近、“ネトゲ廃人”という言葉をよく耳にする。何でも、ネットゲームに嵌りこんでしまい、心身ともに現実世界への対応を失ってしまった人を指すらしい。

@日がな一日、PCにかぶりつき、ネットゲームに夢中になっているうちに、その「仮想世界」こそが彼等にとっての「現実」となってしまい、日々実際に生活している「現実」が、彼等の中で「仮想」になってしまうのだろう。

@現実と仮想のあわいには、ハッキリした線引きは出来ないと言われている。ただ曖昧糢糊なる境界線がぼんやりあるだけである。ネトゲ廃人達は、その境界線から、「仮想」側に居付いてしまったのだろう。


@ゲームの快楽は、ネットというツールを得たことで、ますます強力なものになりつつある(ように思える)。その強い快楽を味わい、“美味”を忘れられなくなった人が、実生活という「現実」に戻れなくなり、「仮想」の世界に居付くようになるのだ。

@私達は普段の生活で、現実と仮想の間を行き来している。小説を読んでいる時は、その物語世界という「仮想」の世界に入りこんでいる。で、読み終わるとすぐに現実へと戻る。TVでドラマを見ている時も、ディスプレイに映し出される、仮想の世界に入りこんでいる。これも番組が終わると、現実に戻る。

@ネトゲ廃人達は、その「現実と仮想との往来」が、ゲームが齎す、余りの快楽の甘みゆえに、出来なくなってしまったのだ。少なくとも、そう考えて、間違いはなかろう。


@私達は、仮想世界が強力な力をもっているとき、それにとらわれないように、酔い過ぎないように気をつけるしかないようだ。


@思えば、歴史上の人物の中でも、ルートヴィッヒ2世やアドルフ・ヒトラーは、リヒャルト・ヴァーグナーの創る楽劇から生み出される、余りに強力な仮想の力に酔い痴れ過ぎて、彼の世界を現実化しようとし、その為に、さまざまな悲劇を引き起こしてしまった。彼等とネトゲ廃人は一見似ても似つかないが、現実と仮想の区別がつかなくなっていたらしい、という点では、非常に似通っている。

@現実と仮想の世界を行き来することは、心が“崩壊”しない為の、人間が自然に行うある種の防御反応なのかもしれない。

@その防御反応が正常に出来ている間は、人間は心を健全に保つことが出来るのだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。