So-net無料ブログ作成

真の「栄光」とは? [ぼやき]

@今朝眠い目をこすりこすり起床し、朝のTVニュースを見ると、なんと!…華原朋美、安室奈美恵、globeら人気ミュージックスターを相次いで輩出し、ヒットメーカーとして一時代を築いた作曲家兼音楽プロデューサー・小室哲哉氏が自分の楽曲の著作権をえさに、投資家から5億円もの大金を騙し取ったとして、大阪地検に逮捕された、というニュースが…!


@いったい、これは如何言う事なのか? 小室楽曲ファンでない私にも、この事件はかなりの衝撃を伴うものであった。聞けば、香港で音楽事業に手を出したが失敗し、巨額の借金を抱えこみ、前妻との慰謝料も滞りがち、それでも過去の栄光を忘れられず、豪遊生活をやめられなかったんだそうな。

@よほどの人でない限り、どんな人間でも懐具合が必要以上に潤えば、余計に欲の皮をつっぱらかすのが人の悲しい常。やはり小室氏もお金というものの幻想に取りつかれ、何処かで、大きな錯覚を起こしてしまったのではないか。


@小室氏の「栄光」は、音楽配信がまだなかった時代、つまりCDがよく売れた最後の時代と重なっていた。出す曲出す曲が悉くヒットし、売り上げはダブルミリオンを達成し、2年連続長者番付・全国第4位になったこともあった。しかし新世紀に入るちょっと前、つまり音楽配信が少しずつ浸透しはじめる前夜の時期にかけ、彼の作る曲は売れなくなっていった。それにつれて徐々に活動もうまく行かなくなり、香港へ事業進出を果たすも、これが失敗し、70億もの巨額の借金を抱え、後妻KCOともうまくやれなくなり、離婚は秒読みともいわれている…。

@輝ける「栄光」の座から、奈落の無間借金地獄へと転落し、とどの詰まりは著作権をえさに、金を騙し取る詐欺にまで手を染めてしまった小室氏。しかし嘗てTM NETWORKで共に活動した旧友・宇都宮隆氏はFAXで「彼は必ず音楽に戻ってきます」と述べていた。宇都宮氏の言うように、小室氏も今回、己の犯した大きな過ちを海よりも深く反省し、魂ごと入れ替えて、音楽業界に「ただの作曲者」として復帰してもらいたいものだ。


@人生の真の「栄光」とは…?それは大金や高い地位を得ることではなく、どのような低い地位であろうと、人を喜ばす、人の為に尽くす行為をしつづけることではないか。そして友達を恋人など、周りの人々を裏切る事無く、至誠を尽くしていくことでもあるのではないか。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。