So-net無料ブログ作成

既存常識に「アカンベー!!」をし続ける人達。 [独白]

☆アメリカなどはともかく、この「日本」なる島国に流布する「既存社会の常識や慣習」に反抗し続けることは容易ではない。しかし、そんなことを敢えてやりつづけ、既存社会の常識や慣習の鎖に縛られ続ける本邦の大衆を勇気付けるべく、常に前向きの言動を行っている人物が少なくとも2人、存在する。

☆それが「ウェブ進化論」「フューチャリスト宣言」などの著者で、シリコンバレーに在住している梅田望夫と、いまやTVや講演、著名人との対談、さらには「脳と仮想」「『脳』整理法」といった著作もこなし、最早知らぬ者は少なくなった脳科学者・茂木健一郎である。(茂木については、当拙ブログで既に何度も紹介してます。我ながらシツコイ)

☆茂木のブログ「クオリア日記」や両者の共著「フューチャリスト宣言」等を読んで思うことは、彼等が日本の既存社会の常識に、あらゆるリスクを払いながらも常に反抗し続け、さらにこの島国に蔓延るペシミズムを粉砕しようと、変化の激しいネット時代を生きる激動期の我々に、気持ちが明るくなるメッセージを送り続けていることだ。

☆両者の内面には、常にこの国に既存の「教育制度」とか,日本とアメリカに共通する組織の問題とか、もろもろの「真の自由を阻むもの」に対する「怒り」が秘められている。

☆たとえば、茂木は「フューチャリスト宣言」の中で、自身が日本の教育制度の犠牲者だということをこのように告白する。…「僕は、自分自身がきわめて人工的な大学入試システムの犠牲者だと思っています。大学入試の数学なんて、ちょっと気の利いたやつは高校1年くらいで終わっちゃうんだから、それならそこから先は勝手に量子力学をやらせてくれても構わないでしょう。それを、ここまでの範囲だけしか勉強しちゃダメと言って、人工的な競争をさせるわけだから、まったくのナンセンス。日本とアメリカの高校教育のどっちがいいかといったら、前からアメリカのほうがいいと思っていましたが、ネット時代になってさらに優劣がはっきりしましたね。『履修漏れ』事件で大騒ぎがあったけど、そういう『公式的な正しい範囲』と言う幻想は何処かで棄てないとダメですね」(p.118)

☆ここには、彼のいう「公式的な範囲」で勉強したことしかわからないような、半端な「エリート」や国家・組織・マスコミのいいなりになる「ロボット人間」を長年に亙って量産しつづけた既存のナンセンスな教育制度への、凄まじいまでの憤怒がこめられている。

☆片や梅田も、ネットとテクノロジーの“明日”を妨害するものへの「怒り」を隠さない。…「ことにITに関して言うと、経験則として、ムーアの法則をはじめ、時間が経つとその怒りに追い風が吹いてくるんですね。YouTubeが出て来るというのもそうだし、ソフトウェアや音楽のダウンロードができるのもそうだし、ほっとけば、チープ革命がどんどん進んでいく。テクノロジーはどんどん怒りの原因を解消されてくれる方向に進化する。もしそう進まないなら、誰かがそれを阻んでいるからです。阻むのは、既得権を持った人達が人為的にやっている場合が多い。わざと新しいインフラを敷かないとか、昔できた著作権法の問題とか、そういうところに今度は怒りが向いていく。そんな大きな流れに沿ってビジョンをドーンと出していくのが、たとえばジョブスのような人なんですね」(p.134)

☆彼等のように既存社会の常識や慣習への怒りを隠さず、同時代の権威にむかって「アカンベー」をし続けることを、周りの知識人・文化人たちはやろうとしない。ばかりか、彼等との真摯な対話をしようとしない。そういう人達は、彼らがどんな意図をもって語り合っているかを見誤ってしまう。

☆梅田や茂木が試みていることは、互いに違う世界に住む者同士の真摯でポジティヴな対話なのである。また、既成の社会通念、既存権威がもたらす「談合社会」を破壊もしくは相対化し、自由闊達な世界をこの国土世間にもたらすための対話でもある。

☆また、世の中には梅田や茂木をからかっている者が多い。しかし、彼等はそんな人達は相手にせず、ただ「未来を明るくするのだ」というポジティヴな思いに燃えて、時代を疾走している。

自分が既存権威の安全圏に篭もり、なおかつ既成の常識を鵜呑みにしていることを棚に上げて、彼等「フューチャリスト」に向かって、やれおまえにこの件について語る資格があるのかだの、インターネットは百害あって一利なしだの、子供に使わせちゃいかんの、著作権の問題があるから(ネットには)売らないの、などネガな事を言っている手合い達には、彼等の革命的精神は永久に理解出来ない。

☆時が流れ、既存権威にぶら下がり、既成の常識を鵜呑みにして、新しい試みを為しとげんとしている人を揶揄している人達が、気がついたら時代の潮流から自分達が取り残されることに驚いて、大騒ぎしないことを祈る。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ネットコミュニティ

nice! 0

コメント 1

池田大作

お前はクビ。
創価やめなさい。
ついでにバカなブログもやめなさい。
by 池田大作 (2007-05-16 10:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。