So-net無料ブログ作成

メメント・モリ-死を想え [雑文]

@化石・生き物の痕跡・人生の軌跡・死体…これらは「生」の痕跡であると同時に「死」の具象でもある。

@メメント・モリ=死を想え、という言葉がある。死というものを常に考えることによって、生をかけがえのないものとして捉え直すことが出来る。この言葉は、そういう意義を含んでいると思う。

@だいぶ以前になるが、近所で知り合いの若者が脳出血だかなんだかで亡くなった。享年31。若者の実家は小さいながら会社を経営していたので、社長である彼の父は、跡取り息子を亡くした悲しみに打ちひしがれていた。

@通夜の日に、彼の実家へ他の知り合いたちとともに行った。大広間に入ったら、彼の友達や知人が沢山集まり、故人を偲んで悲しみに暮れていた。

@仏壇の前に横たわる、その若者はまるで、生きて眠っているような風情であった。が、この個体は間違いなく死んでいるのだ。

@してみると、死んでしまった人間というのは、何故ああはつきりとしてゐるんだらう…という小林秀雄の言葉なぞ、当時の私には知るよしもなかったが、これがいわゆる「死体」というものか、死んでしまった人間というものか…という一種好奇的で、ある意味冷徹な想いが過ぎったのは確かだ。今想えば、あれは、はっきりと“人間の形をしていた”のに違いない。

@あれ以来、故人の通夜・告別式には行っていないし、死人を直接的に見てはいない。しかし、年を経るに従い、死ぬ、ということを考えるようになった。勿論自殺したいために死を考える、ということではない(学生時代に死を考えた時はあった)。

@そして死について考えるにつれ、今こうして生きていることが、かけがえのないこととして認識できるように、徐々になっていったのだろう。

@死を想うことは、生を想うこと。死について思索を廻らすことは、生のかけがえのなさ、切なさ、尊さを自分の内に強く知覚することなのである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。