So-net無料ブログ作成
検索選択

梅雨の晴れ間は炎熱猛暑。。 [つぶやき(Twitter代用)]

☆4日間降り続いた雨も金曜日にはスッキリと晴れ渡り、同時にがっ!と炎熱の天球が地上に烈日と熱波を降り注ぎだした。

☆ジメジメウジウジしていた前日の陽気とは打って変わり、カンカン炭火の焼ける地獄のような夏日となった。

☆お蔭で洗濯物はすっからからに乾いたが、地上は水分が蒸発し、草木もヘタるほどの熱気である。

☆この熱気は本日(7月12日)も続き、朝からガッと照りつける太陽が眩しく、寝ていられなかったので、7時頃に起きる。

☆朝から墓参り。父が2年前の明日にこの世からバイバイしたので、3年目の今年も暑い中、母と共に父の墓所へ。

☆いろいろな形の墓標を見る。最近は個人の希望に合わせ、亡くなった人をイメージしたと思しきデザインの墓標が立っていたりする。もう昔のような、縦に細長い四角の墓標ばかりではなくなっている。

☆中には、何故か東京スカイツリーや東京タワーを模したモニュメントのついた墓標もあった。若い人のものらしい。

☆そういうのを見て「早すぎるよなァ…」と、何とも言えない気持ちになる自分がいる。

☆母が父の墓標の前で線香皿や供花を取り換え、新しい線香に火を点けるも、点火器がバカになっているらしく、なかなか火が点いてくれない。おいおい…。

☆悪戦苦闘してやっと線香に火が点く。白い煙が上がる中、供え物をして読経をする…。

☆寿命と言う奴は、何時自分が死ぬかわからないようにできているとつくづく思う。食い物の賞味期限と一緒で、「生存期限」というべきものがあるのだが、それが何時なんどき、やってくるのか、周りは勿論、当人には全く分からないようにできているのだ。その点が食い物の賞味期限とは違う。

☆炎天下の中で墓参りを済ませ、帰り道の途中でレストランに寄って、モーニングセットを頼んで食す。

☆母はスクランブルエッグ、自分はパンケーキを食す。ドリンクバーで冷たい珈琲をいれる。

☆お腹いっぱいになったところで、近くの寺で法要があるのでそこへ行き、終わると帰路に着く。

☆そしていま、私はこうしてPCの前に居ながら、ブログのエントリーを更新している…明日も又、滅茶苦茶暑かろう。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。