So-net無料ブログ作成
検索選択

生命哲学の根幹にかかわる難問。 [雑学小論文]

@七夕の日の翌日、明治大学駿河台キャンパス・アカデミーコモンで行われた、ある特別講義を聴きに行った。タイトルは「自由意志をめぐって」というものだったかと思う。


@自分達人間は、普段何気に「自由に」物事を考え、行動していると思っている。けれども、それは本当に「自由」なのか。

@最初にここ明大で、哲学を担当される合田教授が「生きるということは、自由の神秘を獲得することだ」と言われ、サルトルの「人間は、自由の刑に処されている」という言葉(“自由でなくなる自由がない”という反対概念を含んだ言葉である)やスピノザの「自然の内的必然性に従うことが自由である」との言葉を紹介され、人は何故そこに自由があるかのように錯覚して、何かに隷属していくのか、という命題を提起された。

@如何やらこの講義は、実に最初から唯では解き難い問題を提示しようとしている…。

@その後、茂木健一郎博士が登壇し、闊達な調子で講義をはじめた。物質的決定問題と自由意志の問題とは両立する、とか、幻想でしかないとされる自由意志と、因果的決定論とは両立するという理論や、量子力学と脳内現象などについての話、人脳内の社会的認知機能と自由意志の問題など、様々な難解な話が飛び出してきた。

@私はこういう難解な問題を闊達に、また真摯に講義される茂木博士の姿に、こういう自由意志の問題のような、我々の身近な所に穴を開けて潜んでいる、掛け値なしの難問に取り組む、本当に真剣なインテリジェンスの姿勢を見た気がした。

@当の茂木博士も、10年程度経って、自身がライフワークとしている「クオリア」や「意識の発生起源」といった問題と自由意志の問題を絡めて論ずる機会が訪れた、と言われていた。

@博士の言われるように、自由意志とは、クオリアや意識の問題と繋がっているというか、複雑に絡み合っている問題なのではないか。講義が終了して2日経った今、こうしてブログを書きつつ、そんな風な感想を持っている。

@今の日本のアカデミックの現場は、これほどに真剣に、クオリアとか自由意志といった、生命哲学の根幹に関わる難問に、本気で取り組んでいこうとする人が、あまりにも少ないのではないか。
nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 3

クマたん

銀鏡反応さん、まだ茂木健一郎に反応(追っかけ)してるんですね。
銀鏡女史の健気さに!(ウィスキィを波波と注がれたグラスを高々と挙げて)
by クマたん (2013-10-06 17:27) 

NO NAME

やまだみゆきさん、茂木氏が池田犬作と往復書簡を交わしたのは
あなたの折伏活動によるところが大きいのですか?

by NO NAME (2013-11-05 02:16) 

NO NAME

>
> 「愛してるよー!!」
> 我が敬愛する脳研究者・茂木健一郎博士が、合衆国はジョージア州アトランタから帰国の途につかれた。もう二日も「クオリア日記」の更新が無かったものだから、如何しちゃったんだろう?無事安穏なのかな?と少々だが気になっていた。が、茂木博士の掲示板をみたら、もう少しで日本に帰るとあるではないか、嗚呼よかった~!! 無事安穏だった~!!
>
> ぶっちゃけ、ほっ(´0`)としました。
>
> でもって、この際だから、茂木博士への止むにやまれぬ思いを、この場を借りてシャウトしてみよう。でも、若し、間違って「世界の中心で愛を叫ぶ」(セカチュー)みたいになってしまったら嫌だなァ。…如何しようかなぁ、うう~む…。でも、まぁ、よし!今から言うぞ!!
>
> 博士、愛してるよー!!
>
> …あ~あ、言ってしまった…。やっぱり、というか案の定、というか「セカチュー」みたいになっちまった。世界じゃなくて、何処かの中心で愛を叫ぶ、って感じになってしまったなぁ…。すげー、ハズカシイなぁ…。「穴があったら入りたい」っていう心境になってきたよ…。
>
> でもまぁ、言ってしまったことは今更取り消し様がない。ので、私はこれからも茂木博士を立派な学者として、また人間として敬愛していきたいと思いマス。

by NO NAME (2014-01-30 21:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。